五等分の花嫁73話のネタバレと感想 【新しい家庭教師!?】

無料でマンガ読み放題ならココ↓↓

持ってない漫画もタダで読めたらいいのに…立ち読みじゃ物足りない!

そんな人には「U-NEXT」が超おすすめ☆

  • 漫画だけでなく雑誌・映画・ドラマも見放題
  • 31日間、無料でお試し可能(解約も簡単☆)
  • 毎月かならず貰えるポイントを使うと新刊(最新話)も読めちゃう!

U-NEXTの無料トライアルは1か月たっぷり!

使いにくいな~と思ったら31日以内に登録解除すれば…

そう!完全無料で楽しめちゃうんですよー( *´艸`)

U-NEXT

U-NEXTを無料で楽しめる秘密はこちら♪
CHECK⇒U-NEXTのおすすめポイント7つと特典紹介☆

五等分の花嫁72話(前回)のあらすじは…

四葉と上杉に付き合っていると言う噂が流れ、何かと注目される二人。

どんどん意識してしまう四葉。

恋を理解しようとする上杉。

いちいち絡んでくる男子生徒の提案に…!?

もっと詳しく!という方はこちら

五等分の花嫁71話(前回)のあらすじは… 学級長になった四葉と風太郎。 二乃はバイトの初日、風太郎と顔を合わせます。 二乃...

最新話(週刊少年マガジン2019年11号)のネタバレあらすじ

2019年2月13日発売の週刊少年マガジン11号、五等分の花嫁第73話を早速読みました!

※ここから先はネタバレになるので、その前に立ち読みでイラスト入りを楽しむのがお勧めです☆

立ち読みは無料ですよ~!

↓↓クリックした先で「五等分の花嫁」と検索↓↓

CHECK⇒「五等分の花嫁」を無料で立ち読みする★

突然の提案

トイレの最中に突然、人気者の武田から話し掛けられてしまった上杉。

中野の父親から、成績不良の五つ子たちの赤点を回避させるために、学年一番の成績を持つ上杉に家庭教師の白羽の矢が立ったと。

上杉は中野の父親と面識があるのかと聞き返すと、自分の父親がこの学校の理事長だと言って、かねてより懇意にさせていただいていると得意そうに話す武田。

他でもバイトをしていることを指摘し、大変そうだから自分が代わると言って来るのでした。

代われるのなら変わって欲しいと言いながら、決めるのは自分じゃないという上杉。

自信あり気な武田から、中野たちが自分を手放さないと確信していると言われ、思わず動揺してしまう上杉。

上杉はもっとやるべきことがあるはず、腑抜けた君に用はないと言いながら武田は去っていきました。

五つ子の自信

自宅で勉強会を始める五つ子と上杉。

ここで勉強会をするのも久しぶり、最近皆バイトばっかりと言います。

一花は今日も仕事で、自分も試写会に行きたかったという四葉。

ずっと話している五つ子に注意する上杉。

16日の全国模試はもうすぐと注意すると、一通り埋めたと言って答え合わせを頼まれます。

模擬試験を楽しかったと話す四葉たち。

それほど不安ではないと言います。

こうなると卒業も見えてきたと意気込む四葉。

上杉は、試験の難易度なんて変わるものではないと思いながら、あの時彼方に見えたゴールが本当に見えて来たのかと考え始めます、

元気よく答え合わせをするのでした。

結果…

張り切って答え合わせを始めた上杉は、その結果がほとんど赤点だったことに落ち込んでしまいます。

呆然とした上杉は、五つ子の頭は学年が上がると脳がリセットされてしまう仕組みなのかと言います。

出来たと思ったのに…最近仕事ばっかりであんまり自習できてなかったと言い訳します。

バイトをしていない五月の点はそれほど下がっていないと納得する四葉たち。

落ち込みつつ上杉は、間違えた箇所を順番に確認していくというと、お願いしますと返事する五つ子たち。

新しい家庭教師!?

その時、玄関のチャイムが鳴ります。

すると、五つ子たちの父親が現れて驚くのでした。

もうすぐ全国模試と聞いて、新しい家庭教師を紹介しに来たと言う父親。

謝りながら、武田が入ってきます。

驚いて理由を聞く五月。

父親は、先の試験での上杉の功績は大きいと言って、成績不良で困っていた娘たちが優秀な同級生に教わることで、一定の結果を生むと教えてくれたと言います。

ならば代える必要はないと抗議する三玖。

父親は彼が未だ優秀ならの話と言い、上杉がどの科目も点数を落として順位も落としていると言って、新たに学年一位の座に就いたのが武田と言うのでした。

家庭教師に相応しいのは武田と言います。

武田は勝ったと喜び笑い出し、武田は上杉を超えたと言って、「家庭教師も僕がやってあげよう」と上から目線で言うのでした。

黙り込んでいる上杉。

始まりは二年前、学年トップを目指してとそのまま話し出す武田に、「いや、お前、誰だよ」と突っ込む上杉。

武田は慌ててずっと二位で迫っていたというと、上杉はずっとわからなかったと、

今まで満点しかとってなかったから、二位以下を気にしたことがなかったという上杉。

二位以下と言われて落ち込む武田。

五月は分かったと言い、一番優秀な生徒が家庭教師に相応しいというなら構わないと言って、自分にも考えがあると言います。

「私が三年生で一番の成績を取ります」と宣言する五月の言葉に驚く四葉たち。

父親も同意するのでした。

三玖は「お父さんに何を言われても関係ない、フータローは自分たちが雇ってる」と言います。

二乃もそうだと言って反論しようとすると、武田が口を挟んできます。

家庭教師を辞めるのは上杉のためであり、五つ子たちが上杉を凡人にしたと言うのでした。

父親から上杉には上杉の人生があるから解放してあげたらどうかと言われ、思わず黙り込んでしまう五つ子たち。

「その通り」だと言う上杉。

上杉は武田が自分を過剰に評価してるのが分かったと言って、武田の言ってることも間違いではないと言います。

しかし、上杉はこの仕事を受ける前だったら、自分は凡人にもなれていなかったと言います。

教科書を最初から最後まで覚えただけで、知った気になっていたと。

世の中にはこんな馬鹿どもがいることを、自分が馬鹿だったと言います。

五つ子が望む限り自分は付き合うと言って、解放しなくてもいいと言う上杉。

そこまでする義理はないと言う父親に義理はないと言って、「この仕事は俺にしかできないと思っている」と言う上杉。

上杉は二度と成績を落とすことはない、自分の成績が落ちたことも心配かけたと謝ります。

上杉は武田に勝って学年一位になって、全国模試でも一位になると宣言します。

「全国模試で一位なんて無茶!」と上杉の口を防いで止める五つ子たち。

五つ子たちが、「全国で十位以内」でどうかと提案すると、武田は五人を教えながらはムリだと言います。

そんな様子を見ながら父親は、全国模試でノルマをクリアをできたら、上杉が娘たちに相応しいと認めると挑発してくるのでした。

↓↓クリックした先で「五等分の花嫁」と検索↓↓

CHECK⇒「五等分の花嫁」を無料で立ち読みする★

今回のお話を読んでの感想

突然に絡んでくる武田に何事かと訳の分からない感じの上杉でしたね。

上杉も五つ子たちの点数が上がっていないことに、かなり前向きで対応していますね。

だから、五つ子の父親からやめさせられそうになっても続けようとする努力をした上杉。

かなり無茶なノルマを課してまで五つ子といようとした上杉。

次回どうなるのか気になりますね。

次回も楽しみです。

次回の週刊マガジン12号は、2月20日のようです!

↓↓クリックした先で「五等分の花嫁」と検索↓↓

CHECK⇒「五等分の花嫁」を無料で立ち読みする★

最近ブームのマンガ無料サイト紹介★

暇さえあれば【スキマ】でマンガ読み漁ってます(-ω-)/

会員登録しないでも1万冊読めるけど、会員登録(無料)すると、読める作品数が倍以上に増えちゃうんです( *´艸`)

ランキングやカテゴリ検索も使いやすいですね~気に入ってます。

無料の漫画が多くて読み切れない…なんて幸せな悩みが発生中。

すきま時間に【スキマ】はじめませんか?

スキマ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする