ハイキュー336話のネタバレと感想【バケモノたち】

無料でマンガ読み放題ならココ↓↓

持ってない漫画もタダで読めたらいいのに…立ち読みじゃ物足りない!

そんな人には「U-NEXT」が超おすすめ☆

  • 漫画だけでなく雑誌・映画・ドラマも見放題
  • 31日間、無料でお試し可能(解約も簡単☆)
  • 毎月かならず貰えるポイントを使うと新刊(最新話)も読めちゃう!

U-NEXTの無料トライアルは1か月たっぷり!

使いにくいな~と思ったら31日以内に登録解除すれば…

そう!完全無料で楽しめちゃうんですよー( *´艸`)

U-NEXT

U-NEXTを無料で楽しめる秘密はこちら♪
CHECK⇒U-NEXTのおすすめポイント7つと特典紹介☆

ハイキュー335話(前回)のあらすじは…

木兎は小学生の頃クラブチームに言われた「楽しむ」ということだけ自分の心に入ってきたと言います。

木兎のバレースタイルの原点はここにありました。

赤葦が練習試合でやっていたリバウンドに興味を持ち、木兎はやり方を教わります。

そして全国というこの大舞台でこれをやってのけるのでした。

↓もっと詳しく!という方はこちら

ハイキュー334話(前回)のあらすじは… 赤葦の不調をフォローする木兎をみて赤葦も自分らしさを取り戻してきました。 木兎は絶好調...

スポンサーリンク

最新話(週刊少年ジャンプ2019年10号)のネタバレあらすじ

2019年2月4日発売の週刊少年ジャンプ10号、ハイキュー第336話を早速読みました!

桐生が体制を崩しながらも打ったスパイクは強烈でした。

そのボールの行方の先には小見が待っていました。

梟谷というチーム

木兎のプレーはチーム全体の調子も上げます。

綺麗に上がったボールを赤葦がトス、猿くいが最後に決めます。

その中、狢坂もモチベーションを保っています。

レシーブがうまく上がらなかったら、全部俺に任せろ

桐生が言います。

狢坂の監督はセッターにエースだけに頼らず、その日の主役を見つけるよう言います。

しかし今日の桐生にはその必要がありませんでした。

一方、梟谷のベンチは元気です。

木兎は赤葦に「赤葦は威圧感がすごい」と言います。

スポンサーリンク

100パーセント

「自分はここまでやった、そっちは?」といった圧を赤葦から感じます。

「赤葦は自分が出来る事意外はできないだけ」と言いますが、そんな赤葦に木兎は続けます。

試合で100%だす事は皆ができる事ではない

120パーセント

タイムアウト終了後、木兎のサーブから始まります。

木兎コールが会場全体を包みます。

フォームから強烈なサーブがくるかと狢坂は身構えますが、トンと前に落ちるボールを打ちます。

狢坂のレシーブが乱れます。

ダイレクトで帰ってきたボールを鷲尾が打ち、19対22で梟谷に点差をつけられる狢坂

しかし狢坂もやられてばかりでないです。

木兎のサーブを3回目に上げていきます。

そして誰もが桐生が打つと身構えたところに狢坂のセッターのツーアタック。

20対22になり、狢坂が点差をつめていきます。

そして桐生のサーブ。木兎めがけ、強烈なスパイクが飛んできます。

木兎は吹っ飛ばされ後ろに倒れます。しかしボールは赤葦に上がります。

梟谷も狢坂の誰もが赤葦が誰にあげるかわかりません。

その中、木兎はバックアタックの体制に入り飛んできます。

赤葦は瞬時に様々なことを考えます。

そんな赤葦に木兎は心で訴えます。

100%を出すのは簡単ではない、でも俺には120%をちょうだい

スポンサーリンク

今回のお話を読んでの感想

今回も木兎の活躍が目立ちましたね。そして今回も決着がつきませんでした。

赤葦のスキルのすごさは木兎が引き出しているのではないかと感じる回でした。

チーム全体だけでなく、会場全体を巻き込む力が魅力でした。

そして、赤葦があげたトスを木兎は決めることができるのでしょうか。

次回を楽しみにしたいと思います。

↓次回(ハイキュー!!第337話)のネタバレはこちら

ハイキュー336話(前回)のあらすじは… 調子のいい木兎はまわりの士気も高めてしまいます。 「自分にできること以外はできない」と...

最近ブームのマンガ無料サイト紹介★

暇さえあれば【スキマ】でマンガ読み漁ってます(-ω-)/

会員登録しないでも1万冊読めるけど、会員登録(無料)すると、読める作品数が倍以上に増えちゃうんです( *´艸`)

ランキングやカテゴリ検索も使いやすいですね~気に入ってます。

無料の漫画が多くて読み切れない…なんて幸せな悩みが発生中。

すきま時間に【スキマ】はじめませんか?

スキマ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする