ドメスティックな彼女217話のネタバレと感想【失恋ツイスター】

無料でマンガ読み放題ならココ↓↓

持ってない漫画もタダで読みたい!

そんな人には「U-NEXT」が超おすすめ☆

  • 漫画だけでなく雑誌・映画・ドラマも見放題
  • 31日間、無料でお試し可能(解約は簡単☆)
  • 毎月かならず貰えるポイントを使うと新刊(最新話)も読めちゃう!

U-NEXTの無料トライアルは1か月たっぷり!

使いにくいな~と思ったら31日以内に登録解除すれば…

そう!完全無料で楽しめちゃうんですよー( *´艸`)

U-NEXT

U-NEXTを無料で楽しめる秘密はこちら♪
CHECK⇒U-NEXTのおすすめポイント7つと特典紹介☆

ドメスティックな彼女216話(前回)のあらすじは…

前々回で瑠衣に別れを告げられた夏生、前回ではなぜ別れるのか、自分には瑠衣しかいないのに…と話していました。

お互いの負担になりたくないという決意の表情をする瑠衣に負け、何も言い返せない夏生。

瑠衣がアメリカへ帰ってしまう直前、空港で二人は恋人としての最後の時間を過ごしたのでした。

↓もっと詳しく!という方はこちら

ドメスティックな彼女215話(前回)のあらすじは… 瑠衣と夏生、それぞれの想いがすれ違い起こった喧嘩はそれぞれが自分を見つめ直し、相手...

最新話(週刊少年マガジン2019年9号)のネタバレあらすじ

2019年1月30日発売の週刊少年マガジン9号、ドメスティックな彼女217話を早速読みました!

※ここから先はネタバレになるので、その前に立ち読みでイラスト入りを楽しむのがお勧めです☆

立ち読みは無料ですよ~!

↓↓クリックした先で「ドメスティックな彼女」と検索↓↓

CHECK⇒「ドメスティックな彼女」を無料で立ち読みする

作戦会議

瑠衣がアメリカへ発ってから数日たった日から始まります。

桃源先生の見舞いに来ていた夏生、先生の身の回りの世話をしながら先生と話しています。

パッと見いつも通りに見えますが、さすが先生「何かあったか?」と聞きます。

なんでですかと返す夏生に「いやなんつーか声に覇気がねーからよ」と、見抜いてます。

夏生は特に何もと返すだけでした。

一人暮らしの部屋へ帰った夏生はただ横になっていました。

そこにヒナからのご飯いかない?と言うメッセージが届きました。

そして二人で居酒屋で食事をするシーン、ヒナはビールを飲み「このために生きてるっ!」などいつもよりもテンションが高めです。

元気がない夏生に「やっぱすぐ戻っちゃって寂しい?」と聞きます。

「寂しいか、そうだね」とうつむきながら返します。

そのあと、夏生と別れたヒナはそのままラマンへ向かいました。

喧嘩したことを知っているマスターたちと、三人でどうにか夏生を元気付けようと話していました。

鍋パ!

次のカットでは夏生の部屋へ来た三人の笑顔から始まります。

「「「ナツーオきゅーん!お鍋しーましょー!!」」」と元気な三人を見てうっすら開けていたドアを閉める夏生。

ドゴッと言う音とともにとんでゆくドア、見える足、入ってくる三人。

こたつで鍋を囲みながら、マスターがいきなり夏生に瑠衣と喧嘩した件を聞きます。

夏生は「…仲直りはしましたよ、ケンカの件は」と返しますが、夏生がしょぼくれたままなので何かあったの?とマスターは続けます。

別にしょぼくれていない、これが普通だと言う夏生にふーんと疑う表情のマスター、夏生に向けて唇を伸ばします。

夏生にマスターの唇が触れるかと言うタイミングで、夏生は箸で止めます。

すかさずマスターがやっぱり元気ないじゃないのー!と指摘、ヒナが今はお鍋を楽しみましょうとなだめます。

一通り食べた後、ゲームをしようとなりマスターが取り出したのはツイスターゲームでした。

一回戦はヒナとフミヤの二人でフミヤの顔にヒナのおっぱいが迫ったり、ヒナがパンチラしたり…ラッキースケベ満載でした。

続いて夏生とマスターの番になりますが、マスターはおもむろにズボンを脱ぎます。

本人いわく「革パンじゃ動きにくいもの」とのことです。

しばらく続いて、マスターが夏生に覆い被さる形になった次の一手、マスターの足が夏生を跨ぐ形になりました。しかも顔を。

夏生の目の前にマスターの布一枚におおわれた股関、緊張感漂う場面ですが夏生はまだ暗い表情です。

「ドキドキする?ナツオちゃん」「…やたらいい匂いなのが逆に嫌ですね…」…マスターの股間はいい匂いなんですね。

そこでマスターが確信に迫ります。

「ねえナツオちゃんいったい何があったのよ」と聞かれギクリとする夏生、しかしマスターは止まりません。

「言わないとあたしのモンスターボールでほっぺにチューよ」と迫ります。

極限まで迫ったときに夏生はとうとう「ルイと別れました」と言いました。

一同ものすごく驚いています。

さらにマスターは驚きのあまり足を滑らせ、見事ナツオの顔面に着地しました、マスターのモンスターボールが。

それを見たフミヤは正直です。泣きっ面に○玉って…。

さて、一旦落ち着いて夏生の話を聞く三人、瑠衣から相談を受けてたからかマスターは少し責任を感じているようです。

「よし!そんな時はこれっきゃないわ!」「お酒で悲しみを飛ばして忘れるの!!」とマスターは夏生の口にボトルを突っ込みます。

まだ未成年!と止めるフミヤにコソッと「大丈夫よ、ノンアルのサングリアだから」と打ち明けます。

しかし夏生はプラシーボ効果かテンションマックスに、酔ってそのまま眠ってしまいます。

がっかりされたくなかったんだ

夏生の目が覚めるとキッチンで洗い物をするヒナが見えます。

「夏生くん酔っぱらいすぎ、アルコール入ってなかったのにすごいね」とカミングアウトされ驚く夏生。

そんなほのぼのした空気のなか、ヒナが切り込みます。

「書けなくなったのはいつから?」マスターたちに聞いたと続けます。

夏生はゆっくりと「いつまでも悩んでるワケにいかないよね」「そのせいでルイとも別れたんだし」「早く切り換えないとさ…」想いを吐き出します。

そんな夏生を見て「辛かったよね」「ずっと 頑張ってたの知ってるもん」とヒナが慰めます。

夏生は糸が切れたように泣き出します。そして自分の本当の気持ちを噛み締めます。

「ルイには心配かけたくなかったって言ったけど 違う」「がっかりされたくなかったんだ」

↓↓クリックした先で「ドメスティックな彼女」と検索↓↓

CHECK⇒「ドメスティックな彼女」を無料で立ち読みする

今回のお話を読んでの感想

中盤に久々のほのぼのパートが入ってきて、悲しいこと続きでしたが少しほっとしたところがありましたね。

夏生にはいい友達や心配してくれる人がいてくれて、よかったとも思います。

今回、自分の気持ちに気づいた夏生ですが、次回からどう整理をつけていくのか気になるところですね。

今回は瑠衣が出てきませんでしたが、アメリカにかえって彼女が何を思うのか、彼女の周りがどう接して来るのかも気になりますね。

↓次回(ドメスティックな彼女第218話)のネタバレはこちら

ドメスティックな彼女217話(前回)のあらすじは… 瑠衣とわかれた夏生、しばらく落ち込んだ様子で生活していました。 そんな夏生を...

↓↓クリックした先で「ドメスティックな彼女」と検索↓↓

CHECK⇒「ドメスティックな彼女」を無料で立ち読みする

最新巻も★1巻まるごと無料で読める↓↓

music.jp」のお試し登録は、最新刊も無料で読めちゃうのでかなりお得!

貰えるポイントは、なんと2,461円分

  • お試し無料登録の961ポイントで、発売直後の新刊が2冊もタダ
  • 動画専用で使える1,500ポイントも一緒に貰えて、アニメも観れる
  • 31日間、無料でお試し可能(解約は簡単☆)
  • 本登録後は毎月4,922円分のポイントが貰える

music.jpの無料トライアルは30日間!

1か月以内に解約しちゃえば…完全タダですよ( *´艸`)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする