約束のネバーランド120話のネタバレと感想 【鬼の弱点】

無料でマンガ読み放題ならココ↓↓

持ってない漫画もタダで読みたい!

そんな人には「U-NEXT」が超おすすめ☆

  • 漫画だけでなく雑誌・映画・ドラマも見放題
  • 31日間、無料でお試し可能(解約は簡単☆)
  • 毎月かならず貰えるポイントを使うと新刊(最新話)も読めちゃう!

U-NEXTの無料トライアルは1か月たっぷり!

使いにくいな~と思ったら31日以内に登録解除すれば…

そう!完全無料で楽しめちゃうんですよー( *´艸`)

U-NEXT

U-NEXTを無料で楽しめる秘密はこちら♪
CHECK⇒U-NEXTのおすすめポイント7つと特典紹介☆

約束のネバーランド 119話(前回)のあらすじは…

ミネルヴァさんに会えるとドアを開けたエマの目の前にいたのはノーマンでした。

エマは涙が止まりません。

あとから入ってきたグレイス=フィールドのみんなも喜びます。

その中でもレイとノーマンは感情を露にして喜びを分かち合います。

ノーマンからラムダというところに行ったこと、支援者の手助けを借りて脱走したことを聞かされます。

話を聞き、レイはノーマンに何をしようとしているのかを質問します。

↓もっと詳しく!という方はこちら

約束のネバーランド 118話(前回)のあらすじは… ハヤトたちに連れられてアジトに向かうエマたち。 そこは食用児たちの楽園でした...

スポンサーリンク

最新話(週刊少年ジャンプ2019年9号)のネタバレあらすじ

2019年1月28日発売の週刊少年ジャンプ9号、約束のネバーランド第120話を早速読みました!

鬼はなぜ、人間を食べるのか

レイの問いに答える前に「知っておかなければならない事がある」と、ノーマンは衝撃の事実をエマたちに伝えます。

鬼は人間を食べなければあの姿を保てない

ノーマンの説明はこうです。

鬼の最初の形は不明だが、おそらく細菌に似た何かでした。

細菌は主に分裂によって数を増やし、コピーされていきます。

細菌だった鬼は『突然変異』と『遺伝子の水平伝播』によって進化していきました。

『遺伝子の水平伝播』とは、他の生物の遺伝子を取り込むことで進化していくというものです。

だから鬼は食べることで進化するのです。

虫を食べたら虫のような生物になる。

森にいた蜘蛛のような鬼は虫を食べていることがわかります。

魚を食べると魚のような鬼になります。

それを繰り返すことによって様々な進化をしていきました。

そこで鬼は人間を食べます。

すると鬼は人間のように二足歩行で動き、やがて知能を持ち、言葉や文化を獲得していきます。

鬼は人間が最大の好物になりました。

驚異的な速度で進化した鬼はやがて人間の天敵となったのです。

スポンサーリンク

代償

しかし、彼らの凄まじい進化は代償を伴います。

個体差はあるし、元に戻るわけではありませんが、人間を食べ続けない限り、形も知能も保てないのです。

だから約束の締結をしたあとも鬼は食べ続けたのです。

ノーマンから語られた真実はエマたちを驚かせました。

農園をつくった理由、食用児を養殖する理由に納得がいきます。

ノーマンは話を続けます。

遺伝子組み換えが柔軟で驚異的だが、裏をかえせば遺伝情報がすぐに書き替わる極めて不安定な生物です。

農園を潰せばいずれ鬼は滅ぶ

1000年もの間、粗悪な量産肉を食べ続けた下級の鬼たちは、形質が保持できなくなってきています。

早い固体なら半年、人間を食べないだけで知恵を失い、野に返るだろうということです。

そんな下級鬼たちの不満は社会問題になっているとのことです。

だからノーマンたちは量産農園までも破壊していったのでした。

しかしギルダは「全部の農園を破壊できるのか」と心配します。

それに対してノーマンは「できる」と即答でした。

ラムダ7214

ノーマンはザジの話をします。彼はラムダで生まれました。

ノーマンとアダムがいたところです。

もっと多種多様な高級肉を求め鬼の5つの貴族とラートリー家が手を組み、品種改良する施設を作ったのです。

それが試験農園ラムダ7214でした。

ラムダでは投薬や実験が繰り返されました。

その過程で筋肉や神経系に異常な発達するものが現れたのです。

それがザジたちでした。

刀で鬼たちを一撃で三体も切り倒すザジの能力や、ハヤトの足の速さ、アダムの怪力などは変則的成長によるものだったのです。

ジンやハヤトはラムダではなく、新型の量産農園の生まれだといいます。

この力を鍛えれば鬼に勝てる戦力になります。

このアジトにいる子供たちは未来のザジだとノーマンは言います。

みんなと一緒に笑って暮らしたいと言うノーマンはずっとラムダの檻で策を練っていたのでした。

食用児たちを安全に救える方法は「鬼を絶滅させる」ということです。

大人になれないネバーランドという世界を終わらせよう

これがノーマンの願いでした。

スポンサーリンク

今回のお話を読んでの感想

今回、初めてタイトルの意味がわかりました。

『大人になれない=ネバーランド』なるほど、そのような意味だったのですね。

鬼がなぜ人を食べるのかもわかり、今回は納得するところが多かったです。

ノーマンが1人で檻の中でそのような事を考えていたとは・・・

これから長い戦いが始まりそうです。

エマたちは鬼を絶滅させることができるのでしょうか。

次回も楽しみです。

↓次回(約束のネバーランド第121話)のネタバレはこちら

約束のネバーランド 120話(前回)のあらすじは… ノーマンが鬼の正体について話します。 彼らは人間を食べることによって...

最新巻も★1巻まるごと無料で読める↓↓

music.jp」のお試し登録は、最新刊も無料で読めちゃうのでかなりお得!

貰えるポイントは、なんと2,461円分

  • お試し無料登録の961ポイントで、発売直後の新刊が2冊もタダ
  • 動画専用で使える1,500ポイントも一緒に貰えて、アニメも観れる
  • 31日間、無料でお試し可能(解約は簡単☆)
  • 本登録後は毎月4,922円分のポイントが貰える

music.jpの無料トライアルは30日間!

1か月以内に解約しちゃえば…完全タダですよ( *´艸`)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする