ハイキュー335話のネタバレと感想【木兎という男】

無料でマンガ読み放題ならココ↓↓

持ってない漫画もタダで読みたい!

そんな人には「U-NEXT」が超おすすめ☆

  • 漫画だけでなく雑誌・映画・ドラマも見放題
  • 31日間、無料でお試し可能(解約は簡単☆)
  • 毎月かならず貰えるポイントを使うと新刊(最新話)も読めちゃう!

U-NEXTの無料トライアルは1か月たっぷり!

使いにくいな~と思ったら31日以内に登録解除すれば…

そう!完全無料で楽しめちゃうんですよー( *´艸`)

U-NEXT

U-NEXTを無料で楽しめる秘密はこちら♪
CHECK⇒U-NEXTのおすすめポイント7つと特典紹介☆

ハイキュー334話(前回)のあらすじは…

赤葦の不調をフォローする木兎をみて赤葦も自分らしさを取り戻してきました。

木兎は絶好調です。木兎コールが会場内で響く中、桐生はプレッシャーを感じ始めます。

2セット目は梟谷が取りました。

ベンチで3セット目を待つ桐生は仲間の一言で目が覚めます。

自分は仲間に恵まれていると・・・ここから桐生の反撃が始まります。

↓もっと詳しく!という方はこちら

ハイキュー333話(前回)のあらすじは… 梟谷という最強チームの中に自分がいて、先輩たちのプレーをベンチから見たとき、自分が回している...

スポンサーリンク

最新話(週刊少年ジャンプ2019年9号)のネタバレあらすじ

2019年1月28日発売の週刊少年ジャンプ9号、ハイキュー第335話を早速読みました!

木兎が小学生の時、クラブチームで教えられたことがあります。

「楽」ではなく「楽しい」を考えなさい

中学生になり、木兎はバレーを全力で楽しみます。しかしそれについてきてくれる仲間はいませんでした。

ランニング中、後ろを振り返ると誰もいません。

みんな楽なほうへ向かってしまったのです。

バレーって疲れる!!

3セット目、木兎の打ったスパイクはネットに阻まれ12対12の同点になります。

観客席で観戦していた音駒の黒尾と弧爪も思わず「好調だったのに・・・」と声を出します。

凹んでいるかと思われた木兎でしたが、思いもよらない言葉を発します。

バレーって疲れる!!

審判や赤葦、狢坂のメンバーも何を当たり前のことを言っているのだと木兎を見つめます。

桐生にいたっては思わず笑うほどでした。

「疲れているらしいから攻めるぞ!」と狢坂を盛り上げます。

調子のいい桐生はブロックを吹くとばすほどのスパイクを打ちます。

苦手な木兎との対戦で何か吹っ切れたようです。

しかしブロックをふっ飛ばしても梟谷は拾います。

そして木兎にラストを託します。

しかし打ちづらいボールに狢坂のブロックです。

ここで木兎はリバウンドを選択します。

もう1回!!

赤葦に向かって叫びます。

スポンサーリンク

リバウンド

リバウンドを木兎が覚えたのは高校2年の時でした。

赤葦が練習試合中に相手ブロックに向けて軽くボールを打ちます。

しかし相手ブロックはそれをブロックで叩き落し、リバウンドは失敗しました。

ミスプレーである赤葦のプレーに木兎は食いつきます。

赤葦は「難しいボールだったので、仕切りなおす為にわざと相手の手にボールをあてた」と教えます。

赤葦は目立つプレーが好きな木兎が、自分のような後輩のミスプレーに興味を持つのが不思議でした。

「リバウンドって地味なのに・・・」という赤葦に木兎は答えます。

「楽」ではなく「楽しい」を考える

昔、コーチに言われこれだけは木兎の心にスッと入ってきたそうです。

「ブロックに止められるのも、レシーブミスもサーブミスも疲れるのも楽しくないから、全て決めて拾って勝ちたい」と木兎は言います。

決まる

リバウンドして立て直した木兎は、狢坂に向けてスパイクを打とうと助走にすぐ入ります。

誰もが決まると思い、木兎のスパイクを期待します。

そこで木兎が打ったボールはふわっとしたブロックの頭上を越えていくボールでした。

狢坂のコートにボールは落ちます。

会場全体が驚愕し、思わず赤葦が声を出して笑います。

木兎のこの行動が桐生を動かします。

得点は19対20で梟谷がリードです。

そして木兎のサーブは狢坂のレシーブを崩します。

チャンスボールとして梟谷に返りそうなボールを、桐生が打とうと追いかけます。

観客席の黒尾と弧爪は「それ、打つ気!?」と目が点になります。

しかし桐生にはプレッシャーなど感じている暇はありません。

木兎についていくこと、バレーをすることで精一杯でした。

桐生がスパイクを打ちます。

スポンサーリンク

今回のお話を読んでの感想

今回、いいところで終わってしまいました。

桐生のスパイクの行方はどうなったのでしょう。

そして、木兎のリバウンドは赤葦が教えていたのだという新事実。

かなり前に得意げに日向に教えていた時の赤葦の心情が気になります。

もうすぐ勝敗が決まります。どちらが勝つのか想像つかないです。

そしてこの試合のあと烏野が出てくるのかと思うとワクワクします。

↓次回(ハイキュー!!第336話)のネタバレはこちら

ハイキュー335話(前回)のあらすじは… 木兎は小学生の頃クラブチームに言われた「楽しむ」ということだけ自分の心に入ってきたと言います...

最新巻も★1巻まるごと無料で読める↓↓

music.jp」のお試し登録は、最新刊も無料で読めちゃうのでかなりお得!

貰えるポイントは、なんと2,461円分

  • お試し無料登録の961ポイントで、発売直後の新刊が2冊もタダ
  • 動画専用で使える1,500ポイントも一緒に貰えて、アニメも観れる
  • 31日間、無料でお試し可能(解約は簡単☆)
  • 本登録後は毎月4,922円分のポイントが貰える

music.jpの無料トライアルは30日間!

1か月以内に解約しちゃえば…完全タダですよ( *´艸`)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする