アクタージュ50話のネタバレと感想【阿良也と巌②】

無料でマンガ読み放題ならココ↓↓

持ってない漫画もタダで読めたらいいのに…立ち読みじゃ物足りない!

そんな人には「U-NEXT」が超おすすめ☆

  • 漫画だけでなく雑誌・映画・ドラマも見放題
  • 31日間、無料でお試し可能(解約も簡単☆)
  • 毎月かならず貰えるポイントを使うと新刊(最新話)も読めちゃう!

U-NEXTの無料トライアルは1か月たっぷり!

使いにくいな~と思ったら31日以内に登録解除すれば…

そう!完全無料で楽しめちゃうんですよー( *´艸`)

U-NEXT

U-NEXTを無料で楽しめる秘密はこちら♪
CHECK⇒U-NEXTのおすすめポイント7つと特典紹介☆

アクタージュ 49話(前回)のあらすじは…

巌の元から駆け付けた黒山の目に先に入ってきたのは、夜凪の芝居よりも現実と芝居の世界の狭間で危ういほどの演技を見せる役者、阿良也であった。

阿良也が役者になる前の話、街頭で巌にスカウトされ稽古場によく出入りしていた。

役者という仕事には興味がなかったが、星アリサと出会い、理由の分からない鳥肌と初めて見る後ろ姿に対して役者の魅力を感じだす。

スポンサーリンク

最新話(週刊少年ジャンプ2019年9号)のネタバレあらすじ

2019年1月28日発売の週刊少年ジャンプ9号、アクタージュ第50話を早速読みました!

役者と演出家、そのあるべき姿とは。

星アリサのことが聞きたくて巌に付いて行く阿良也。

「何したらあんな殺意を向けられるものなの?」

と質問する阿良也に対しはぐらかす巌。

昔自分の舞台に立ったことのある元女優だと言うのであった。

元女優をキャスティングしようとし、見境がないと言う阿良也に対し

「傲慢だった。今の俺なら償えると思っちまったんだ舞台の上で」

と言いながら席を立ち勘定をする。

「酒も飲めないガキと飲む程つまらんものはなかった」

と言う巌に対し、アリサについて知りたくてここに来たはずだった阿良也は、残ったお酒を一気に飲み干すのだった。

「酒くらい飲める!だから」

と言葉の途中で仰向けに倒れてしまう。

スポンサーリンク

目をあけながら昔の夢を見た

阿良也は子供の頃から文字というものが頭に入って来ず、昔から皆と違うところで怒ってしまっていつも悲しい気持ちになってしまう。

そしてスカウトしてくれた巌や、シャワーを借りに上がったエリのこと、七生のことを思い出しながら

「どうして怒ってるの?嫉妬てやつ?」

「それ知ってる嫉妬でしょ女って皆同じだね。」

と自らの言葉を思い出し、アリサに対して感じている気持ちもまた嫉妬だと気付いたのだった。

仰向けになったまま

「俺が役者になる。だからあんたは俺だけを見ていればいい。…だからそれでいいだろ」

と巌に言うのだった。

阿良也は今の自分なら女の役も演じられそうだと思い、七生とアキに謝らないとと思うのでした。

巌はアキじゃなくエリだろとツッコみました。

あの女と何があったのか。あんたが何を償いたかったのか聞くのをやめ、自分があんたの一番になれさえすれば全部済むと思ったのだった。

なのにまだこれからなのにと

舞台上で

夜凪の袖を掴みながら

「いやだ」

舞台をみていた黒山は、自分の死を使ってここまで引き出した巌に素晴らしいと思いつつ嫉妬すら覚えます。

ですが、黒山と同様にアリサもこの芝居を見て、芝居に溺れた人間の行く末をと案じてしまうのでした。

観客を魅了する芝居を超えた芝居。

それと引き換えにあなたはきっとその芝居から帰って来れない。

だから役者はやめておきなさいと言ったのよと…

夜凪にすがるように崩れ落ちていく阿良也であった。

この死への旅の終着点とは!?

スポンサーリンク

今回のお話を読んでの感想

なぜ阿良也が役者になったのか知ることが出来た話になりました。

観客を魅了する芝居を超えた芝居をする阿良也は、この芝居から帰って来れるのかが気になるところですね!

次回の芝居の展開が気になります。

↓次回(アクタージュ第51話)のネタバレはこちら

アクタージュ 50話(前回)のあらすじは… 巌と星アリサとの関係を聞こうと、巌と一緒に高架下の居酒屋に来た阿良也であったが、詳しい話を...

最近ブームのマンガ無料サイト紹介★

暇さえあれば【スキマ】でマンガ読み漁ってます(-ω-)/

会員登録しないでも1万冊読めるけど、会員登録(無料)すると、読める作品数が倍以上に増えちゃうんです( *´艸`)

ランキングやカテゴリ検索も使いやすいですね~気に入ってます。

無料の漫画が多くて読み切れない…なんて幸せな悩みが発生中。

すきま時間に【スキマ】はじめませんか?

スキマ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする