ランウェイで笑って79話のネタバレと感想【Aphro I dite(アプロアイディーテ)?!】

無料でマンガ読み放題ならココ↓↓

持ってない漫画もタダで読めたらいいのに…立ち読みじゃ物足りない!

そんな人には「U-NEXT」が超おすすめ☆

  • 漫画だけでなく雑誌・映画・ドラマも見放題
  • 31日間、無料でお試し可能(解約も簡単☆)
  • 毎月かならず貰えるポイントを使うと新刊(最新話)も読めちゃう!

U-NEXTの無料トライアルは1か月たっぷり!

使いにくいな~と思ったら31日以内に登録解除すれば…

そう!完全無料で楽しめちゃうんですよー( *´艸`)

U-NEXT

U-NEXTを無料で楽しめる秘密はこちら♪
CHECK⇒U-NEXTのおすすめポイント7つと特典紹介☆

ランウェイで笑って78話(前回)のあらすじは…

育人はインターン生を3ヶ月という速さで終え、社員に昇格しました。

そんな中、育人と同じインターン生の花岡は自分よりも優秀な育人の仕事に驚きを覚えます。

後から来て先に昇格した育人をライバル視した花岡の『ライバル』との言葉を聞いて、育人は綾野遠と一緒だったボクからオレに一人称を変えました。

また、花岡も1ヶ月後に社員に昇格したところで前号は終わりました。

スポンサーリンク

最新話(週刊少年マガジン2019年8号)のネタバレあらすじ

2019年1月23日発売の週刊少年マガジン8号、ランウェイで笑って79着目を早速読みました!

綾野麻衣が経営するAphro I dite(アプロ アイ ディーテ)という会社に正式採用された育人は、麻衣とお茶を飲みながら『アプロの仲間としてこれからよろしくね。』と、言われます。

麻衣の優しさに感動した育人は面談が終わって、廊下から拝みます(笑)

拝んでいると、パタンナーのカルロスに捕まります。

以前、カルロスのお仕事を修正したことで、顔を覚えられて『許してほしいなら、ハグをしなさい。』と、言われます。

男同士だし、ハグくらいならと深く考えずに育人はハグをします。

ハグに感動したカルロスに『一流のパタンナーに育てる。』と言われ、驚愕します。

スポンサーリンク

そこで柳田が現れて『何してるんだ。』と言って、育人の襟首を掴みカルロスから引き剥がします。

柳田がカルロスに仕事の指示し仕事に戻るように言うと、カルロスは育人を一緒に連れて行こうとしますが、柳田に止められます。

柳田は『女性ファッション業界は、ゲイが多い。』と、3回言います(笑)

3回言われて驚き、カルロスもゲイと知ります。

柳田は『忠告したからな。俺を口説くなよ。』と言い、育人も呆れながら『口説きません。』言います。

育人は、自分がパタンナー部署と知り落ち込みます。

そんな育人を見て、柳田は焦るな、学べ、信頼を得ろ、パタンナーからデザイナーに上がれば良いとアドバイスをします。

仕事場に育人を送っている途中で育人の上司、佐久間に会います。

佐久間から、アプロのデザイン部門の話を聞きながら仕事場に向かいます。

仕事場についても佐久間がお腹空いたでランチし、デザートも食べ、買い物して16時まで仕事せずに時間が過ぎました。

仕事場に戻ってきても、佐久間は仕事する気配がなく、育人は柳田のところと雰囲気が全然違うことに戸惑います。

佐久間は今、育人にふる仕事がないのでデザインしてみようかと提案してきます。

綾野遠は…

その頃、遠は麻衣に会っていて新しい部署を遠に任せようとしてました。

しかしその部署は、服のコンセプトも活動方針も麻衣が口を挟まない部署なので、『そんなのは独立と変わらない。』と怒りを表したところで今号は終わりました。

スポンサーリンク

今回のお話を読んでの感想

柳田がゲイが多いと忠告したシーンはとても面白かったです。

育人はゲイにならないと思いますが、今後カルロス以外にもゲイキャラが出てくるのかなぁと、思わず期待してしまいました(笑)

佐久間の部署に入った育人がどんな変化をもたらすのか、これから楽しみです。

また、遠の今後にも注目ですね。

↓次回(ランウェイで笑って80着目)のネタバレはこちら

ランウェイで笑って79話(前回)のあらすじは… 正式採用された育人は麻衣に挨拶し、その後カルロスに絡まれたが、柳田に助けてもらい、新し...

最近ブームのマンガ無料サイト紹介★

暇さえあれば【スキマ】でマンガ読み漁ってます(-ω-)/

会員登録しないでも1万冊読めるけど、会員登録(無料)すると、読める作品数が倍以上に増えちゃうんです( *´艸`)

ランキングやカテゴリ検索も使いやすいですね~気に入ってます。

無料の漫画が多くて読み切れない…なんて幸せな悩みが発生中。

すきま時間に【スキマ】はじめませんか?

スキマ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする