ネオレイション5話のネタバレと感想 【アンロック】

無料でマンガ読み放題ならココ↓↓

持ってない漫画もタダで読めたらいいのに…立ち読みじゃ物足りない!

そんな人には「U-NEXT」が超おすすめ☆

  • 漫画だけでなく雑誌・映画・ドラマも見放題
  • 31日間、無料でお試し可能(解約も簡単☆)
  • 毎月かならず貰えるポイントを使うと新刊(最新話)も読めちゃう!

U-NEXTの無料トライアルは1か月たっぷり!

使いにくいな~と思ったら31日以内に登録解除すれば…

そう!完全無料で楽しめちゃうんですよー( *´艸`)

U-NEXT

U-NEXTを無料で楽しめる秘密はこちら♪
CHECK⇒U-NEXTのおすすめポイント7つと特典紹介☆

ネオレイション4話(前回)のあらすじは…

行方不明になっている【宮内咲】が参加していたと思われる「レミングゲーム」というアプリを調べていたネオたち。

レミングゲームの提供元は多摩丘陵大学のサーバだと判明したところで、多摩丘陵大学のサーバがダウンして、アクセスできなくなってしまった。

ハッキングのできなくなったネオが不利かと思いきや、大学の監視カメラなどのシステムも無効かして、多摩丘陵大学のセキュリティは機能していない状態!

大悟と夕子が大学に潜入して、管理者レミングをあぶりだすことになった。

↓もっと詳しく!という方はこちら

ネオレイション3話(前回)のあらすじは… ネオと大悟が出会った、【石崎夕子】という少女から頼まれたのは、行方不明となった友達の【宮内咲...

スポンサーリンク

最新話(週刊少年ジャンプ2019年8号)のネタバレあらすじ

2019年1月21日発売の週刊少年ジャンプ8号、ネオレイション第5話を早速読みました!

犯人像を絞る!

多摩丘陵大学に到着した大悟と夕子。

ネオから「天才特製GE-BOX」という、二人のスマホと連動してサポートすることができる端末を渡されていた。

そんなネオから「レミングが誰かなのか以上に重要なのは奴の目的!動機がわかれば次の行動も予測しやすい!」と指示。

まずは犯人像を絞るために、資料室で職員名簿を探すことになった。

資料室の鍵をなんなくピッキングする夕子、鍵屋の父に叩き込まれた特技らしい(笑)

すぐに発見した名簿をスマホ経由でネオに送ると、「田浦英明と安西誠人が怪しい」と、情報工学の教授と准教授に犯人像を絞ったのだった。

安西准教授と【motoko】

そのころレミング(安西准教授)は、【motoko】と呼ばれる人工知能(AI)と会話をしていた。

機嫌が良さそうと指摘する【motoko】に「サーバに侵入しようとしたハッカーがいた。狙いはわからないが私の罠にひっかかった」と笑みをこぼす。

感情のない【motoko】から「喜ぶのはまだ早いのでは?敵の目的がわからない以上、油断しないほうがいい」と指摘されるも、冷静さを失っている様子。

明日はプレイヤーの宮内咲の自殺予定日だということも、テンションが上がっている理由の一つだった。

スマホの電源を切れば、相手がハッカーでも追跡はできないはず!と余裕な表情をみせていた。

スポンサーリンク

レミングは安西准教授!?

そのころネオは、犯人候補の2人の追跡に成功。

田浦教授は自宅で仲良く一家団欒中と、ハッキングによりわかった。

一方安西准教授はスマホの電源を落としているので端末が追えず、様子がわからない。

安西は18歳でハッキングコンテストに優勝、現在は人間心理を応用したAI研究をしている。

今作っているAIの【motoko】は、人間の感情を読み取り、ある程度コントロールすることを目標としているのだった。

「人間の感情をコントロールする」というワードで、安西がレミングなら話が繋がる!と納得した大悟たち。

安西の足取りを追うために、大悟と夕子は手分けして大学内を回ることに。

夕子、危機一髪!

安西の研究室に来た夕子は、室内にある巨大なマシンをネオに見せる…それがAI【motoko】だった。

ネオから渡された「GE-BOX」にはUSB端子がついていて、それをマシンに差し込み、【motoko】を無理やりネットに繋げるようにするというのがネオの作戦。

そこへ急に安西が戻ってきてしまい、夕子は物陰に隠れるも、マシンにはGE-BOXがつながったまま…。

そのころ大悟は駐車場で安西の車を確認、安西は鍵を研究室に忘れて、取りに戻ったのだった。

しかし安西はGE-BOXに気づかぬまま、その隣にあった車の鍵を持って研究室を出て行った。

その間にネオが【motoko】から情報を盗み出す。

【motoko】が人間の感情を学習するための教材として、死を目の前にしたプレイヤーの姿などをカメラに録画し、見せていたのだろうとネオは考える。

プレイヤーは【motoko】を育てるための餌だったのだ。

ネオの仕掛けたハッキング

このままでは咲も同じような道をたどることに…しかし、安西は次も撮影のために咲の元に現れるだろう。

そこを叩きのめし、咲を救い出すには、安西の居場所を見失わなければ大丈夫だというネオ。

実は大悟が駐車場で、安西の車に自分のスマホを発信機がわりに隠しておいたという。

スマートキーが発信する電波を「GE-BOX」によりデジタルデータ可し、それを大悟に送信することで、スマートキーと同様に車の鍵を開けることに成功したのだった。

あとは大悟のスマホを追えば、レミング(安西)が咲のところまで案内してくれるはず…!

スポンサーリンク

今回のお話を読んでの感想

レミングが【安西准教授】だとはっきりしましたが、AIへの学習が目的だったとは…。

ハッキングで車の鍵まで開けられてしまうネオ、恐るべしです。

田浦教授の家中のカメラとマイクを乗っ取った…とネオは堂々と話してますが、自分がこんなことやられたら絶対嫌ですね(笑)

次回でネオとレミングの直接対決となるのでしょうか!?楽しみです。

↓次回(ネオレイション第6話)のネタバレはこちら

ネオレイション5話(前回)のあらすじは… 行方不明の【宮内咲】が参加していたと思われる「レミングゲーム」の管理者が、多摩丘陵大学にいる...

最近ブームのマンガ無料サイト紹介★

暇さえあれば【スキマ】でマンガ読み漁ってます(-ω-)/

会員登録しないでも1万冊読めるけど、会員登録(無料)すると、読める作品数が倍以上に増えちゃうんです( *´艸`)

ランキングやカテゴリ検索も使いやすいですね~気に入ってます。

無料の漫画が多くて読み切れない…なんて幸せな悩みが発生中。

すきま時間に【スキマ】はじめませんか?

スキマ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする