高嶺と花75話のネタバレと感想 沖縄旅行中の2人どうなる?!

高嶺と花74話(前回)のあらすじは…

晴れて付き合うことになった花と高嶺の2人が、野々村家の沖縄旅行に高嶺も一緒に行きました。

その旅行先でお土産を買っている所から始まりましたね。

花はお土産を選びながら、戻ったらみんなに高嶺とのことをきちんと報告しよう、と決めます。

そして、温泉後に楽しんだ卓球ゲームでのハプニングで、高嶺に女の子扱いされた、大切に思われていることを喜び、嬉しそうな場面で終わりましたね。

スポンサーリンク

最新話(2018年12月5日花とゆめ1号)のネタバレあらすじ

沖縄旅行の二日目の朝から始まりました!

花は、朝食で何食べよう?!おいしそうなものがいっぱいという様子で、朝食バイキングを笑顔で選んでいる所から始まります。

しかし、一方の高嶺はといいますと…

花の父のいびきで寝られなかったようで、朝からぐったりしています。

花が心配して、近寄り休めなかったのかと声をかけると、寝不足からなのか色んな事に対しての不満を言い始める高嶺でした。

花は高嶺の姿を見て、心配しながらも『お豆腐のような』と言って、高嶺が文句を言う元気があることを伝え、少しでも朝食を食べるように勧めます。

ですが、『食欲がないから…』と花に自分の分も食べるようにと伝えます。

高嶺の姿を見て、いつもと違う環境での集団行動でストレスを感じている、昨日も頑張って合わせてくれていたのだろうと思う花です。

そして、お味噌汁と梅干をもってきて、高嶺に『これだけでも』と食べるよう勧めて、労わります。

スポンサーリンク

その花の姿に、嬉しい気持ちの裏返しかのような俺様の高嶺は『もっと優しい言葉をかけてみろ』と花に求めます。

上手く受け答えしながら、人酔いしないようにと酔い止めを花が渡します。

その日最初の観光場所は『沖縄美ら海水族館』です!

水族館で色んな生き物を見たり、触れたりしながら、花はこうして一緒に過ごしている一週間が、以前の悩み・傷ついた出来事がずっと昔の過去の事のようだと思い、幸せだなぁと心のなかで呟きます。

そして一緒にいればいるほど、もっと近くにいたい、そばにいたい、少しだけ2人だけの世界にいたい…と欲深くなる自分の気持ちを感じるのです。

水族館の次は、ダイビングということで船に乗り移動です。

船が動き移動している時、一緒にツアーに参加していた『すずちゃん』が見当たらない、と探すお母さんを見て、花が一緒に探し始めます。

そして、船の上にいる所を見つけ、すずちゃんはシーサが落ちた…と海を一緒に見つめていた時、大きく船が揺れて花が海に落ちます。

寝不足で寝ていて、丁度起きて船の上に出ていた高嶺が、まさかの事態に驚き『花!』と名前を呼びながら浮き輪を持って、海に飛びこみます。

乗っていた船も見えなくなり、動揺して泣く花を落ち着かせたのが高嶺です。

花が落ち着きしばらくすると、2人は一つの島を見つけます。

スポンサーリンク

今回のお話を読んでの感想

付き合うことになり、花が高嶺のまっすぐな思いや行動にトキメク姿やふと見せる笑顔がとっても可愛いなぁと感じました!

そして、高嶺の性格を理解して、会話をするところは面白いなぁと思いました。

一緒に過ごす時間が増え、そばにいたい、と恋する気持ちが今後どのように育っていくのか楽しみですね!

そんなまさかの旅行先で起きた、海に遭難するという事故…。

高嶺の強気な発言で『大丈夫だ』と思い、前向きになる花ですが、2人は無事に見つけてもらえるのかな?と続きが気になるところですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする