ハイキュー333話のネタバレと感想【赤葦のタスク】

ハイキュー332話(前回)のあらすじは…

赤葦の不調とは裏腹に木兎はスパイクを次々と決めて、点差をつめていきます。しかし赤葦の調子は戻りません。監督も選手交代に動き始めます。「3年生の為にも絶対に負けてはいけない」と赤葦が考えていることに木兎は気付いていました。交代となった赤葦を木兎は信じて戦います。

↓もっと詳しく!という方はこちら

ハイキュー331話(前回)のあらすじは… 梟谷セッターの赤葦はツーアタックを対戦相手の狢坂に見破られ失点してしまいました。 この...

スポンサーリンク

最新話(週刊少年ジャンプ2019年6・7合併号)のネタバレあらすじ

2019年1月7日発売の週刊少年ジャンプ6・7合併号、ハイキュー第333話を早速読みました!

梟谷はセッター交代をします。

赤葦の変わりに入ったのは1年生穴掘秀一。

ベンチに戻った赤葦は手で顔を抑え、声を上げてうなだれます。

そんな赤葦に梟谷の横断幕を見て、「一球入魂って意味かわかるか」と監督が声を掛けます。

次に重要なのは次の点数であることを赤葦に伝えます。

一球入魂

赤葦は今日の試合も練習試合も負けていい試合なんてなかったことに改めて気付きます。

ベンチに下げられるときに木兎がかけてきた言葉の意味が改めてわかったのでした。

ベンチから改めて試合の展開を見ると視野が広いと感じます。

試合は梟谷が狢坂を追いかける展開は変わりません。

鷲尾の強烈サーブから狢坂の桐生のスパイクを梟谷がなんとかワンタッチするも、梟谷の攻撃を狢坂がブロックではばみます。

穴掘がなんとかフォローしますが、セッターのファーストタッチで梟谷にとって不利な状況です。

しかしこれを木葉が綺麗にあげますが、狢坂に木兎が打つと読まれています。

ボールを呼ぶ木兎に対して猿くいに上げる木葉。

それが決まり、点差をさらにつめます。

盛り上がる梟谷チームをみて、赤葦は自分が木兎をコントロールしているつもりでいたことを恥じます。

なんて、おこがましい…

スポンサーリンク

第二セット

第一セットは狢坂が先取します。

監督が赤葦に行けるのか問うと「スターを前にして俺にできる事は“いつも通り”の供給だけです」と何か振り切れた様子を見せます。

自分がコントロールできるのは自分の思考と行動だけ。

気持ちを新たに赤葦は第二セットへ向かいます。

重要なのは常に「次、自分にできる事とすべき事」つまり『目の前の一球』

赤葦復活

木葉のレシーブがネット、スレスレに返ります。

「影山ならあげるだろうか」

そんな事を考えながらも赤葦は、嫉妬も憧れも試合中は不要と難しい球を狢坂のブロックにわざと当ててチャンスボールに変えます。

そして木葉にレシーブを託し、綺麗にあがった球を赤葦は木兎に上げます。

ドンピシャ、ピッタシフィット!!

木兎はそれを完璧に打ち込みます。

「最高のトスだぜ!!」と満面の笑みの木兎に対して、いつもの冷静な表情で「ありがとうございます」と答え復活した表情を見せます。

スポンサーリンク

今回のお話を読んでの感想

赤葦が嫉妬や憧れみたいなものを感じるところに、少し親近感が沸きました。

個人的に監督とマネージャーのやり取りが面白かったです。

「こいつ何、言ってんの?」と聞いている監督に対してマネージャーが「見えないだけでまあまあ変なんで」と答えるシーンが思わず、笑ってしまいます。

今回のストーリーは赤葦の魅力たっぷりでした。そして梟谷のチームの強さを改めて感じる回でもあります。

復活した赤葦が今後、どのような反撃を見せるか梟谷の勝敗も含め、楽しみです。

読んでみたいけど持ってない漫画、どうやって読んでますか?

仕事や学校の合間で漫画読みたいけど、荷物になるな~って悩んでません?

そんな方は…

  • 漫画だけでなく雑誌・映画・ドラマ、見放題が充実!
  • 31日間、無料でお試し可能(解約も簡単☆)
  • 毎月貰えるポイントを使えば新刊(最新話)も読めちゃう!

U-NEXT無料トライアルで1か月お試しがオススメ↓↓

U-NEXT

詳しいこと知りたい!という方はこちらをどうぞ♪
CHECK⇒U-NEXTのおすすめポイント7つと特典紹介☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする