哺乳瓶の消毒頻度は毎回?いつまで必要?消毒しないであげるのはダメ?


赤ちゃんの子育てで必須な哺乳瓶。

煮沸消毒や、レンジでの消毒、液体でのつけおき消毒。消毒方法は様々ですが、なかなか手間でもあります。

毎日哺乳瓶を使うミルク派のママはもちろん、たまにしか使わない母乳派のママにも哺乳瓶の消毒については気になるところですよね。

実際私も子育ての真っ最中で、産まれたばかりの時は何の疑問もなく、哺乳瓶は使う都度消毒していました。

ですが、徐々に大きくなるにつれ、いつまで必要なのかな?毎回必要なのかなぁ?と思うようになったので、同じように気になってる方の参考になる情報をお伝えします!

スポンサーリンク

哺乳瓶の消毒頻度は?毎回するべき?

哺乳瓶の消毒頻度はどのくらいなのでしょうか?

使う都度、消毒するという方もいれば、一日一回という方もいらっしゃるようですが。。。やはり月齢が小さければ小さいほど消毒頻度が高いかたが多そうですね。

実際、生まれたばかりの赤ちゃんは免疫力が低いため、哺乳瓶を毎回消毒する必要があります!!

哺乳瓶はミルクであったり、搾乳した母乳であったりを入れて使用することが多いかと思いますが、ミルクや母乳には栄養分が満点です♪

しかし、逆にいうと、細菌はアミノ酸を栄養素として増殖しますので、ミルクは細菌が増殖しやすい食品と言うことになりますね。

雑菌の絶好の繁殖場所となってしまうのです。

もちろん哺乳瓶は皆さん、赤ちゃん用の洗剤などで洗われているかと思います。

そのため、洗剤で雑菌はある程度洗われている状況ではありますが、免疫力の弱い赤ちゃんにはそれだけでは不十分となってしまうのです。

雑菌は目に見えませんので、綺麗に見える哺乳瓶でも雑菌が取り除けていない可能性もあります。

哺乳瓶のふちであったり、乳首部分であったり、洗いづらい部分などには特に注意が必要ですね。

赤ちゃんは母親から免疫をもらい生まれてきますが、産まれてすぐ急激に免疫は減っていってしまいます。

抵抗力の弱い赤ちゃんのために、使った都度、消毒をし、衛生管理をきちんとしてあげることをオススメします♪

スポンサーリンク

哺乳瓶の消毒はいつまで必要?

哺乳瓶の消毒グッズを販売しているメーカーはたくさんありますが、各メーカーが推奨する消毒が必要な期間=推奨期間は様々です。

★A社 「だいたい一歳くらいまでの期間をお勧めします」

★B社 「生後3〜4ヶ月ごろまでは哺乳瓶の消毒は欠かせません」

★C社 「直接赤ちゃんのお口につけるものですので、1才を目安に消毒していただくことをおすすめします」

★D社 「5〜6ヶ月ごろにの離乳食を始める頃までを目安」

と書かれていました。

赤ちゃんは母親から免疫をもらい生まれてきますが、生後免疫は減ってしまい、一般的には3〜4ヶ月から赤ちゃん自身で免疫を作れるようになると言われています。

赤ちゃんが1歳くらいになると、赤ちゃんの免疫は通常のウイルスや雑菌に対して抵抗力がついてきます。

しかし、それでもまだ免疫力は大人の半分程度とも言われます。

大人と比べると、やはり感染しやすく、回復力も弱いですので、消毒は赤ちゃんが通常のウイルスや雑菌に適応できるようになる1歳頃までは続けていったほうが良いようですね(^^)

また、一歳を過ぎても赤ちゃんの体調があまり良くない時や、雑菌が繁殖しやすい梅雨どきや、夏場などは消毒をした方が安心です♪

哺乳瓶を消毒しないであげるのは問題あり?

諸説いろいろありますが。。。消毒しないであげることはしない方がよいでしょう。

世界保健機関(WHO)も指針を出していますが、厚生労働省が2007年、WHOなどがまとめたガイドラインを都道府県に通知しました。

そこには、哺乳瓶は「徹底的に洗浄し滅菌することが非常に重要」とあります。

哺乳瓶は赤ちゃんが直接口に触れるものであり、体内にウイルスや雑菌が容易に入ってしまいます。

特に新生児の頃は、大人では問題のないウイルスや雑菌でも、すぐ消化不良を起こして体調を崩してしまう可能性もあります。

ウイルスや雑菌の侵入を防ぐため、赤ちゃんにはきれいに消毒された哺乳瓶を使用する必要があり、消毒しないであげるのは控えた方が良いでしょう。

 

一方、諸説ある原因としては、アメリカなど一部の海外では哺乳瓶の消毒が一般的でない国もあることがいえます。

小児科学会(AAP)が、子どもの年齢に関係なく、哺乳びんを殺菌することを特にすすめてはいないこともその一つです。

アメリカ小児学会が推奨しているのは、哺乳びんを最初に使う場合、あるいは自宅で使っている水が飲料水として安全ではない場合には、煮沸して沸騰して殺菌洗浄するか、食器洗浄機の熱湯モードで洗うということだけです。

自宅の水が飲用水に適しているのなら、哺乳びんや乳首を洗うのにも十分安全です。とあるのです。

このように海外では哺乳瓶を消毒していない国もありますし、確かに、哺乳瓶を消毒しないで使っても大丈夫かもしれません。

しかし、免疫の弱い赤ちゃんが菌に弱いことは現実としてありますので、消毒をするに越したことはないでしょう。

スポンサーリンク

哺乳瓶の消毒頻度は毎回?いつまで必要?消毒しないであげるのはダメ?-まとめ

ちょっと面倒くさいな〜とと思う時もあるかもしれませんが。。。

哺乳瓶の消毒に関しては、手軽なつけるだけの液体や錠剤、煮沸やレンジ消毒など、種類もたくさんありますね。

私は当初はつけるだけの消毒液を使っていました。

一日一回取り替えるだけで楽ではありましたが、少し割高なので、最近はレンジ消毒を使っています。

日々の生活に合わせて、なるべく手間なく、安心に安全に栄養を摂ってもらいたいですね!

赤ちゃんの健康を守るため、頑張りましょう♪

哺乳瓶の消毒方法によるメリット・デメリットは、別の記事でまとめてます☆
CHECK>>哺乳瓶消毒の比較 熱湯かけるのは?煮沸なら何分?メリットデメリット紹介☆

タイトルとURLをコピーしました