コウノドリ269話のネタバレと感想【産科で起きた事件とクレーム】

無料でマンガ読み放題ならココ↓↓

持ってない漫画もタダで読みたい!

そんな人には「U-NEXT」が超おすすめ☆

  • 漫画だけでなく雑誌・映画・ドラマも見放題
  • 31日間、無料でお試し可能(解約は簡単☆)
  • 毎月かならず貰えるポイントを使うと新刊(最新話)も読めちゃう!

U-NEXTの無料トライアルは1か月たっぷり!

使いにくいな~と思ったら31日以内に登録解除すれば…

そう!完全無料で楽しめちゃうんですよー( *´艸`)

U-NEXT

U-NEXTを無料で楽しめる秘密はこちら♪
CHECK⇒U-NEXTのおすすめポイント7つと特典紹介☆

コウノドリ268話(前回)のあらすじは…

現役マラソン選手の広谷さんという妊婦さんのお話でした。

出産後すぐに復帰するために体重を増やしたくないと話していましたが、ウォーキング中に転倒して足の骨を折ってしまいます。

高校時代に過酷な練習と体重制限を続けた結果、女性ホルモンが欠乏して無月経になっていた過去がありました。

その結果、骨量骨量が十分に得られなかったため、骨がもろかったのではないかとコウノドリ先生は指摘。

広谷さんに、出産後は適正体重を維持して、必要なエネルギーも摂ることを優しくアドバイスしました。

↓もっと詳しく!という方はこちら

コウノドリ267話(前回)のあらすじは… 助産師小松さんの【更年期と骨】お話から始まりました。 小松さんの元に、現役マラソン選手...

スポンサーリンク

最新話(モーニング2019年4・5号)のネタバレあらすじ

2018年12月27日発売のモーニング4・5合併号、コウノドリ#269を早速読みました!

新章スタートとのことで、コウノドリ先生の後輩・ゴローの話から始まります。

ゴローは、仕事がオフの日はベイビーに憧れるジャズピアニスト。

学生時代の仲間たちと集まってセッションすることもありますが、そこで友人から「産科は医師の数が少ないし、医療訴訟が多いから大変だろ?」と言われます。

ゴローはそのことをコウノドリ先生・小松さんに伝えると、10年以上前の事件のイメージが残ってるんだろうと。

妊婦死亡で医師が逮捕…そして無罪

2004年の11月に【前置胎盤】の妊婦が出血多量で死亡し、その2年後に業務上過失致死罪と医師法違反の容疑で、1人の産婦人科医が逮捕・勾留されたそうです。

その妊婦は第一子を帝王切開で出産、第二子の妊娠は子宮の出口が胎盤で塞がれる【前置胎盤】だったので、帝王切開するしかなかったとのこと。

そして赤ちゃんは無事に生まれ、胎盤を取り出す【胎盤剥離】に移った時、それが【癒着胎盤】であることがわかります。

子宮内の内膜はお産が終わると自然に剥がれるようになっているはずですが、何らかの原因により、その膜が根をはって癒着してしまうことがあるのです。

【癒着胎盤】は1万件に2~3件の症例で多くはありません。

この妊婦は【胎盤剥離】を終えた後に出血が止まらず、やむなく子宮を摘出するも【心室頻脈】となり、出血性ショックにより亡くなってしまいました。

逮捕・勾留から更に2年後、その産科医の無罪は確定されましたが、全国の医師に与えた衝撃は大きく、マスコミも大きく報道。

産科をなくす施設や産科医をやめる医師、研修医の人数も一気に減るなど問題となりました。

事件として扱われた産科医は、地方の病院で年間200~250人の出産を一人で診ていて、「過酷な状況だったけど、彼に落ち度があったと思えない」とコウノドリ先生は話します。

産科医なら誰に起こってもおかしくないケースで、その産科医は無罪になったとはいえ、信頼されていた妊婦さんを救えなかったのは本当に悔しかっただろうと…。

スポンサーリンク

ゴロー先生の外来診察で…

混雑する外来で患者を診ていたゴローは、倉崎先生に「一人一人にかける時間が長いのよ、要領が悪い」と言われてしまいます。

ついさっき診た患者さんに処方箋を出し忘れていたことも発覚し、「少したるんでるんじゃない」と言われてしまいました。

そんなゴローの元にやってきた丸山さんという7週の妊婦さん。

内診をしたところ、前回の診察から発育が見られず心拍も確認できず、流産となってしまったことを告げます。

今後の出血や処置の話を説明し、「丸山さん、大丈夫ですか?」と声をかけますが、終始無言だった丸山さんは「大丈夫です」とだけ言い、診察室を後にしました。

ゴロー先生にクレーム!?

後日、医療安全管理室の医療安全管理者である磯野エイキチという男性が産科に現れます。

小松さんによると、彼に呼び止められたこの病院の職員は、事務方だけでは処理しきれない1ランク上のクレームが入ったことになるそうです。

その磯野さんが「少しだけ時間よろしいでしょうか?」と声を掛けたのは、ゴローだった…。

今回のお話を読んでの感想

出血多量で妊婦さんが亡くなってしまう事件は、患者本人・家族はもちろんですけど、診ている医師も本当に辛いでしょうね。

出産は命がけだなというのは、自分で経験しても思いましたが、コウノドリで色々なケースを知ると更に思います。

ゴロー先生に入ったクレームの内容が何なのでしょうか?

診察開始から終わりまで、何か言いたげだけど口にしなかった患者の丸山さんが気になるところです。

↓次回(コウノドリ#270)のネタバレはこちら

コウノドリ269話(前回)のあらすじは… ゴローの元にやってきた丸山さんという妊婦さんは、前回の診察から発育が見られず心拍も確認できず...

最新巻も★1巻まるごと無料で読める↓↓

music.jp」のお試し登録は、最新刊も無料で読めちゃうのでかなりお得!

貰えるポイントは、なんと2,461円分

  • お試し無料登録の961ポイントで、発売直後の新刊が2冊もタダ
  • 動画専用で使える1,500ポイントも一緒に貰えて、アニメも観れる
  • 31日間、無料でお試し可能(解約は簡単☆)
  • 本登録後は毎月4,922円分のポイントが貰える

music.jpの無料トライアルは30日間!

1か月以内に解約しちゃえば…完全タダですよ( *´艸`)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする