ランウェイで笑って76話のネタバレと感想【新しい仲間】

ランウェイで笑って75話(前回)のあらすじは…

芸華祭のファッションショーが終わったばかりの頃の話でした。

心は、芸華祭で実力以上の評価をされてしまった…パリに行きたくない…と悩みノートに自分の思いを綴っていました。

しかし、モデルとしての頑張りを育人に褒められたことで、やっぱり育人に負けないようなデザイナーになりたいと決意!

育人の後押しもあり、パリへ行くことを決めた心でした。

↓もっと詳しく!という方はこちら

ランウェイで笑って74話(前回)のあらすじは… 芸華祭のファッションショーで、育人は結果振るわず第11位に終わってしまった。 一...
スポンサーリンク

最新話(週刊少年マガジン2019年4・5号)のネタバレあらすじ

2018年12月26日発売の週刊少年マガジン4・5号、【ランウェイで笑って】76着目を早速読みました!

芸華祭の準備で慌ただしかった日々も過ぎ、いつもの日常でのお話です。

育人の迷い

芸華祭から4ヶ月経ち、千雪は新しく創刊された雑誌の専属モデルとして忙しい日々を送り、学校を休むことも出てきた。

心はパリへ留学し、みんな先に進んでいる。

育人は就職しようか、進学しようか迷っていた。

柳田に相談したところ「学校で1年間教えられることは現場で1か月で身に付く」「お前いつまで素人気取ってんだ?」と就職を勧められる。

就職するなら柳田のところで…と考えている育人は、新しい社員を雇う予定はあるか尋ねると、「ある」とのこと。

そんなとき同僚の【山倉光照】と【林えりさ】もお昼休憩から戻り、一気に場が賑やかに。

「どんな苦境も乗り越えられる!」「この同期でどんどんブランド盛り上げて行こうぜ」と言われ、やっぱりここ(柳田の元)で働きたいと思う育人だった。

スポンサーリンク

YANAGIDA☆組 解散!?

「「HAZIME YANAGIDA」を畳むことにした」という事実が柳田から伝えられる。来週にはアトリエを占めることになるらしい。

新しい社員を雇う予定は…に「ある」と聞いていた育人も焦り、ショックを受けた。

展示会で柳田の服を卸した大手百貨店の『三ツ峰』では、『HAZINE YANAGIDA』の知名度が低く、売上が著しくなかったという。

そこで知名度をあげるための肩書をとりにいくために、『Aphro I dite(アフロアイディーテ)』のデザイナーになることにしたのだ。

【綾野麻衣】の元で働くことになるが、育人たちが一緒に行くということは叶わず、YANAGIDA☆組は解散になった。

育人は進学するのか…?

とりあえず進学のための試験を受け、特待生として合格した育人。

手続きに行った学校で、インターンシップ生募集の張り紙を見つける。

そこに居合わせた、育人の先輩である【龍之介】は「お前じゃまだ無理だ」「大人しく入学して案内を待て」と止めるも、育人の気持ちは収まらない。

僕もやっぱり前へ進みたい…そんな気持ちで、すぐに電話をかけ、アフロディーテでインターンに参加したいことを伝えたのだった。

スポンサーリンク

今回のお話を読んでの感想

柳田に雇ってもらえるかと一度は期待したのに、YANAGIDA☆解散はびっくりでしたね。

とりあえず試験も受けた試験で特待生の枠をGETするとは、さすが育人です!

強い決意ですぐに電話をかけた育人はカッコよかったですね。

次号で、育人がインターンに参加できるのか展開が楽しみです!

読んでみたいけど持ってない漫画、どうやって読んでますか?

仕事や学校の合間で漫画読みたいけど、荷物になるな~って悩んでません?

そんな方は…

  • 漫画だけでなく雑誌・映画・ドラマ、見放題が充実!
  • 31日間、無料でお試し可能(解約も簡単☆)
  • 毎月貰えるポイントを使えば新刊(最新話)も読めちゃう!

U-NEXT無料トライアルで1か月お試しがオススメ↓↓

U-NEXT

詳しいこと知りたい!という方はこちらをどうぞ♪
CHECK⇒U-NEXTのおすすめポイント7つと特典紹介☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする