ハイキュー332話のネタバレと感想【スター】

ハイキュー331話(前回)のあらすじは…

梟谷セッターの赤葦はツーアタックを対戦相手の狢坂に見破られ失点してしまいました。

この試合を3年生最後の試合にさせるわけにはいかないと赤葦は焦り始めます。

狢坂のセッター臼利はそれを見破り、一気に赤葦を崩しにかかりますが、梟谷のエース、木兎が覚醒します。

スポンサーリンク

最新話(週刊少年ジャンプ2019年4・5号)のネタバレあらすじ

2018年12月22日発売の週刊少年ジャンプ4・5号、ハイキュー第332話を早速読みました!

木兎は赤葦を援護するような強烈インナースパイクを打ちます。

会場全体がどよめく中、次々とスパイクを木兎は決めていきます。

エース木兎光太郎

19−15で梟谷が狢坂を追いかけるかたちです。

木兎は連続スパイク得点だけでなく、さらにサービスエースも決まります。

会場も実況もヒートアップ

止まらないっ木兎光太郎が止まらないー!!!

木兎の活躍で20−18まで追いつきました。

赤葦のプレッシャー

木兎のサーブ2本目も勢いは収まりません。

狢坂のレシーブを乱しますが、全国3本の指に入るエース桐生が強打スパイクで連続得点をとうとう止めます。

木兎と桐生はにらみ合います。

狢坂にサーブ権が移ります。木兎がしっかりと上げるが、狢坂もつなぎます。

桐生が打つスパイクを梟谷が拾いますが、ボールがネットに近くに上がっていきます。

赤葦はなんとしても繋げたくボールに触りますが、ホールディングという反則を取られてしまいます。

スポンサーリンク

赤葦の脳裏に嫌な言葉が浮かびます。

「俺が影山や宮侑のようであれば…」

考えないようにすればするほどマイナス思考になっていきます。

梟谷の試合を見ていた音駒のメンバーも赤葦の異変に気付きます。

「赤葦は大抵冷静だけど同時に真面目で義理堅い奴だ、いらんプレッシャー抱えている可能性はある」

木兎の赤葦への信頼

「赤葦チョーシ悪いなら一回替われば」と木兎は言います。

監督の選手交代によって赤葦はベンチに戻ります。

周りから見たら大して調子が悪いように見えない赤葦ですが、木兎は気づいていたのです。

謝りながらベンチにさがる赤葦に木兎は言います。

「お前、絶対に負けられない戦いとか思ってない?」

驚く赤葦に木兎は言葉を続けます。

「今まで負けてもいい戦いはあった?」

木兎は赤葦が短時間で冷静に戻ることをわかっていたのです。

「だって赤葦だもん」

スポンサーリンク

今回のお話を読んでの感想

いつも目立ちたがりで自分中心の木兎が、スパイクだけでなくレシーブもしっかり決めているところが、改めてなんでもできるのだと気づきました。

そして、赤葦の異変に誰よりも先に気づいていたことにも驚きです。

いつも冷静な赤葦のこんなに焦っている姿も初めてで人間味があって安心しました。

梟谷が勝つのかまだわからない状況で今後のゆくえがすごく気になります!!

↓次回(ハイキュー!!333話)のネタバレはこちら

ハイキュー332話(前回)のあらすじは… 赤葦の不調とは裏腹に木兎はスパイクを次々と決めて、点差をつめていきます。しかし赤葦の調子は戻...

読んでみたいけど持ってない漫画、どうやって読んでますか?

仕事や学校の合間で漫画読みたいけど、荷物になるな~って悩んでません?

そんな方は…

  • 漫画だけでなく雑誌・映画・ドラマ、見放題が充実!
  • 31日間、無料でお試し可能(解約も簡単☆)
  • 毎月貰えるポイントを使えば新刊(最新話)も読めちゃう!

U-NEXT無料トライアルで1か月お試しがオススメ↓↓

U-NEXT

詳しいこと知りたい!という方はこちらをどうぞ♪
CHECK⇒U-NEXTのおすすめポイント7つと特典紹介☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする