私の正しいお兄ちゃん2話のネタバレと感想【やっぱり、好き】

無料でマンガ読み放題ならココ↓↓

持ってない漫画もタダで読みたい!

そんな人には「U-NEXT」が超おすすめ☆

  • 漫画だけでなく雑誌・映画・ドラマも見放題
  • 31日間、無料でお試し可能(解約は簡単☆)
  • 毎月かならず貰えるポイントを使うと新刊(最新話)も読めちゃう!

U-NEXTの無料トライアルは1か月たっぷり!

使いにくいな~と思ったら31日以内に登録解除すれば…

そう!完全無料で楽しめちゃうんですよー( *´艸`)

U-NEXT

U-NEXTを無料で楽しめる秘密はこちら♪
CHECK⇒U-NEXTのおすすめポイント7つと特典紹介☆

私の正しいお兄ちゃん 1話(前回)のあらすじは…

お布団の中の温かさがあれば幸せな理世は、同じスーパーで働く海利に”お兄ちゃん”を重ねます。

そんな時、海利に1時間程肩を貸して欲しいと頼まれ、肩を貸す理世。

他の女の肩に寄りかかってるのを見て複雑な気持ちになります。

悪夢にうなされる海利からまたすがるように頼まれ、部屋に送ることになった理世は、そこで海利の日記を見て、『人を殺した』と書いていた事に驚き…。

スポンサーリンク

最新話(BE・LOVE 2019No.1)のネタバレあらすじ

2018年12月15日発売BE・LOVE No.1、私の正しいお兄ちゃん第2話を早速読みました!

日記

日記の内容に動揺する理世。

その時、海利が起きたので理世は慌てて日記を戻します。

「凄い寝ちゃった」と嬉しそうに微笑む海利は、そんなことをするようには思えない理世でした。

自転車だからと一人で帰る理世。

理世は、海利はいつも本を読んでるから…あれは小説だと思うことにしたのでした。

その頃、理世に日記を読まれたことに気付いた海利は真っ青になります。

自転車で帰っていた理世を追いかけてきた海利。

忘れ物と言って届けてきたのは、表紙を変えていた海利の日記。

それを見た瞬間、理世は思わず後ずさります。

海利は違うと言い、「俺があいつを殺したのはーー」と手を伸ばしてきたので、自転車をぶつけて逃げ出す理世。

理世は逃げながら、日記に書かれていたことが本当のことなのだと怖くなりました。

海利は人を殺して逃げている‥その秘密を知ったから、自分も殺されるかもしれないと…。

理世は、とりあえず立花に相談しに行きます。

呼びかけて眠そうに出てきた立花が、海利は知り合いかと聞きます。

海利がそこにいて驚いた理世は、「立花さんは警察なんだから!」と何かしようとしても無理と言うと、海利はホッとした顔に。

海利が本当は捕まえて欲しかったことに気付きます。

自転車を置いて帰る海利を追うかと聞かれ、理世は勘違いだったと言います。

自転車には、カゴの変形や傷を謝るメモが残されていました。

好きになっただけ

その夜、理世は布団の中でお兄ちゃんに「お兄ちゃんと似てるなんて思ってごめん…全然違う」と謝ります。

分かってたら好きにならないと、恐竜のぬいぐるみに話しかけながら、海利との時間を思い出す理世。

どうして全部なかったことにできないんだろうと、ぬいぐるみを泣きながら抱き締めました。

ふと、母親が離婚するときに言っていた「もう好きじゃなくなったの」という言葉を思い出します。

お母さんはどうしてお父さんのこと割り切れたのかな…と理世はぬいぐるみを見つめます。

当時母親は、「結婚する前はあんな人じゃなかったと、あの人が変わった」と話していたけれど…。

同じころ、海利は真っ暗な自分の部屋の中で膝を抱え、物音に怯え、眠れぬ夜を過ごしていました。

翌日のバイト先でも海利を避ける理世。

理世は、自分が見てきた海利が全部嘘だったってことを確かめて、心の整理をしようとします。

そこで、海利を【人を殺した人】と言う前提で見ようとしますが、理世が見てきた海利は一生懸命働いていて、人の話をよく聞く素敵な男性だったのです。

悪意

そのバイト中、クレーマーのおじいさんに文句をつけられ、謝る理世。

おじいさんに「近頃の若いもんは親の教育がなっていない」と、怒鳴られてしまいました。

同僚から「クレーマーのじじいは若い子ばっかターゲットにしてる」「誰にも相手にされなくてストレスが溜まってる」と言われます。

理世は、犯罪ではない、罪には問えない悪意はそこら中にあるということを思い出します。

理世は子供の頃、駆け落ちの末に出戻った…母親にまた恋人が出来た…と、近所の人に言われました。

わりと的確に傷付けてくるけど、裁くことが出来ないので訴えても意味がないと実感します。

盗られた自転車

バイトが終わり帰ろうとすると、自転車が無くなってることに気付きます。

戸惑っていると、気が付いた海利も確認し、明日盗難届を出すように言われます。

「盗難届出しても帰ってくる確率はあまり高くない、買い直した方がいい」と海利に言われ、理世は1万円近くもしたのにと落ち込みます。

理世は自転車がないからいつもより早く起きないとダメだと思い、授業の間に警察に行くことを考えます。

「理世ちゃ…」声を掛けようとする海利。

理世の目から涙があふれ出てきます。

悪いことなんてしていないのにな。と泣きながら、心の中で、「お兄ちゃん」と呼び続けます。

そんな理世を引き寄せた海利は、「これはただの胸だよ」と言い、自分の胸を貸しました。

海利の胸に顔を埋め、上着を掴んで泣き続ける理世。

海利も切なそうに理世を見下ろします。

戻ってきた自転車

自転車がないことに不便を感じる理世でしたが、バイト先に行くと自転車が戻っていて驚きました。

どうしたのかと聞くと、海利が自転車泥棒を見つけたと。犯人はクレーマーの爺さんで、犯人と小競り合いになったそうです。

店長に手当てされる海利を心配してると、同僚のおばさんから「他の従業員が駆け付けるまで、海利が一方的に殴られていた」と聞かされ、やり返さないことに驚きます。

(なんでこの人、好きになっちゃダメなの?)と理世は思います。

夜、お礼を言うために海利の部屋を訪ねる理世。

「ありがとうございます。海利さん」と笑顔でお礼を言う理世の前で、海利は堪えきれないように泣き出します。

泣きながら謝る海利を見た理世は、海利が限界だったことに気付きます。

大きすぎる秘密を誰にも知られないようにひっそり生きてきた海利。

日記でしか吐き出すことが出来なかった海利。

それを痛いほどに感じる理世。

海利は理世に手を伸ばし、「何もしないから、俺のこと怖がらないで」と言います。

優しくて、ずるくて、臆病で、他人を求めてる…

私はやっぱり、海利さんが好き。と思い、海利に抱き締められる理世でした。

スポンサーリンク

今回のお話を読んでの感想

海利の人を殺したと書いてあった日記を読んでしまった理世。

確かに恐怖ですね。

最初は恐怖しか感じなくて避けてましたが、海利の見せる表情に、海利の思いを感じ取っていきました。

自分の為に手も出さず、自転車を取り戻してくれた海利の部屋にお礼に行きましたね。

泣いた海利を見て、やっぱり海利が好きと実感したけれど、まだ自分からも抱き付く余裕はないようですね。

次号、BE・LOVE2019年2月号の発売日は12月28日になります!

↓次回(私の正しいお兄ちゃん第3話)のネタバレはこちら

私の正しいお兄ちゃん 2話(前回)のあらすじは… 海利の日記を読んでしまい、怯えた理世は海利と距離を取ります。 理世は海利との時...

最新巻も★1巻まるごと無料で読める↓↓

music.jp」のお試し登録は、最新刊も無料で読めちゃうのでかなりお得!

貰えるポイントは、なんと2,461円分

  • お試し無料登録の961ポイントで、発売直後の新刊が2冊もタダ
  • 動画専用で使える1,500ポイントも一緒に貰えて、アニメも観れる
  • 31日間、無料でお試し可能(解約は簡単☆)
  • 本登録後は毎月4,922円分のポイントが貰える

music.jpの無料トライアルは30日間!

1か月以内に解約しちゃえば…完全タダですよ( *´艸`)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする